鈴木石油株式会社
TopPage | 石油事業 | LPG事業 | 保険事業 | 家電・肥料等販売 | 会社情報 | リンク
・LPG事業の概要
・燃焼器具・住宅設備紹介・販売
・安全器具・紹介販売
・LPG安全のガイドライン
詳しくはコスモ石油公式ページで
   LPG安全のガイドライン
LPガスを正しく使って安全な生活をしていただくための、参考にして下さい。
 ガスのにおいに気づいたら・ガス漏れ警報器が鳴ったら
何かくさい!ガス漏れかな?と思ったり、ガス漏れ警報器が鳴ったら次のことに注意して下さい。
1.スイッチやコンセントに触らないで、あわてて明かりをつけたり、回っている換気扇を止めたりしないようにして下さい。
たばこ、マッチ等の火気はもちろん扇風機や換気扇など、火花が散る可能性のあるものは使用しないで下さい。
2.漏れたLPガスは足元や物かげにたまるので、うちわなどで追い出しましょう。
3.ガス栓を閉めましょう
4.ボンベのバルブを閉めましょう
5.ボンベのバルブは手で右にまわすと閉まります。
6.ガス漏れに気づいた時は、販売店又は保安機関に連絡し、点検を受けるまではガスを使わないで下さい。
串本LPG営業所 TEL0735-62-1008 新宮LPG営業所 TEL0735-31-2200
 CO中毒と対策
LPGはクリーンなエネルギーですが、使用の仕方によっては危険なことも。きちんと知って安全に使ってください。
ご家庭にある湯沸かし器や風呂釜に安全装置がついているかご存知ですか?安全装置がついていない器具は不完全燃焼をおこしやすく、一酸化炭素(CO)が発生して中毒事故につながる恐れがあります。
古い湯沸かし器や風呂釜をお使いの方は今すぐ確認してください。
ご家庭でご使用の機器は不完全燃焼装置がついていますか?
古い湯沸かし器や風呂釜をご使用の場合はすぐに交換を!
 地震が起こったら
昨今、大地震が来るかも、というニュースをよく目にします。そこで地震に備えた防災ガイドをご紹介。 非常もち出し物の用意、家族との連絡の取り合い方など、この機会に見直しましょう。また身近なガス機器の取り扱いも頭に入れておけば安心です。
1.大きな揺れがきたら、まずはご自身の身の安全を確保しましょう。
2.次にガス栓をしめ、火はすべて消し、容器バルブを閉める。

お客様宅にあるガスメーターは、こんなとき自動的にガスを止めます。
1.ゴム管の外れなどでガスが異常に流れたとき。
2.ガスの消し忘れなどで 長時間ガスを使い続けたとき。
3.大きな地震のとき(ただし感振器付マイコンメーターの場合)
 こんなときは、LPガス販売店までご連絡下さい
・ガス設備の工事や新しくガス器具を取り付けるとき、または取り外すとき。
・新築、改築、転居などで、新しくLPガスを使うとき、またはやめるとき。
・ガス以外の工事(水道工事など)を行うとき。
・ストーブなど季節的機器で、取り付け・取り外しが困難なとき。
※配管、ふろがま、湯沸器、煙突などにかかる工事を行うときは、法律上の資格が必要です。
※ふろがまや湯沸器の中には給気口や排気設備が必要な機器があります。
串本LPG営業所 TEL0735-62-1008 新宮LPG営業所 TEL0735-31-2200
このページのTOPへ戻る
鈴木石油株式会社 本社:和歌山県東牟婁郡串本町串本1764 電話0735-62-0701 FAX0735-69-2059
Copyright (C) Suzukisekiyu co.ltd. All Rights Reserved